FANTASY QUEST~リミテットミステリー~小説1

「ウィリー、グラタンスパゲッティ?」
リtッジは、学院から、ちょうど帰ってきた所。
「そう、グットタイミング!」
私は、グラタンスパゲッティ(グラスパ)をオーブンレンジから、リッジの座っているテーブルの上にグラスパを置いた。
それから、私は、エプロンを脱ぎ、イスに座った。
「良くできてるだろう?」
「まあね・・・。」
リッジは、もくもくとグラスパを食べている。
そんなリッジを見ながら、私は、とリッジが同居する様になった事を思いながら、グラスパを食べる。

とある日の事。

「ああ、私だ。ウィリー君、君に頼みたいことがある。」
「なんでしょうか?」
「実は、私の孫のリッジの面倒を見てほいんだ。必要経費は、振り込んである。もうすぐリッジ着くはずだから、
よろしく じゃあ、これで、私は、失礼するよ。」
「あの、私にですか・・・?」
そう聞くが、返答は、ない。・・・どんなお孫さんをあずかるのだろうか・・・・。なぜ私の所に?疑問は、色々浮かぶ。

その時、チャイム音が・・・・。

「リッジだけど・・・。」
「君が、リッジ君だね。」
「そうだよ、僕は、リッジ=ウエイド、リッジでいいよ。ウィリー=R=グリット、28才、探偵の仕事をこなしながらの
人気小説家となっているけど、実際は、小説でまかなっている。趣味は、アーチェリー。グリット家の息子。
パートシュクレ大学院では成績トップ。タバコ葉は、ポールピナ。好きなものは、チョコとクtレープ、嫌いなものは、
こんにやく。って所だね。」
「よく調べたな、関心するよ。」

こうして、リッジとの同居するようになった。
                                                             next

画像
   

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック